ワイワイで共感していただけたら嬉しい。

七六年、七九年の二回の総選挙での過半数割れは、自民党の危機のあらわれであり、敗北はさらに党内抗争を激しくするという悪循環「独立体制の整備加者は日常秩序の生活のあり方反省化し、新たな自己の発見をおこない、対抗秩序。対抗秩序の形成はさらに、当該の争点の学習や情報収集と処理、役割分担の共同討議によって対抗権力への装置の確立をも可能にする(運動の化)。この運動体ヲ」そが従来と異なる組織原六項目」には憲法の自主的改正と自衛軍備の整備がうたわれている。そして五0年代後半の日本の政治全体は憲法改正・再軍備をめぐって争点がつくられていった。激しい論議をよんだ小選挙区制問題も。これと密接に結びついていた。

NATとイスム国家の協調介入イク戦争はいうまでもなく混迷の中にあります。アメリカはその真っ只中にいて、そこから単純に手を引くことはできない状況です。手を引くなどということは、救いのないイクを見捨てることが非常に「臆病な行為」であるというだけでなく、今さら戦略を転換することは、政治的にも軍事的にも自滅的敗北に陥りかねないという危険があります。私たちができる、またするべきたった一つのことは、NATとイスム国家を説得す ることで、お互いに同じ数だけの兵員、約三五○、○○○人ほどの軍隊を全面的に戦闘地帯に展開させ、サダム・フセインを一九九一年にクウェートから追い出したようにすることです。この方法で、イクにおける法と秩序は六カ月で回復させることができるでしょう。

ゆうきけいふくときようそうさんかポクは、剛先生の勇気に敬服する。今まで、ボクが徒競走に参加できなかった理由のひとつに、次のようなものがあった。かんきやくボクがお尻(しり)を引きずるようにして走っているのを見た観客のなかから、「どうして、ああいう子をふんなが見ている前で走らせるのだろうか。かわいそうに。学校は無神経(むしんけい)だ」 という声が上がらない伶一池はない、というものだ。ボク自身は、そのような考えこそが差別(さくつ)だと感じるが、蟻認識を見て「かわいそう」と思ってしまう日本では、仕方のないことなのかもしれない。しかし、剛先生はそのような意見に対して、溌燃とした餓鹿で立ち向かってくれた。「大切なのは、繍議の気持ちではなど親友ミノルという子がいた。

たまたま最初に話を聞いた獣医師は、日本における犬と猫の殺処分数について、「僕、知らない」とまったく意に介さなかった。その数を教えても、「ふ-ん」と言っただけだった。「あのね、先生。それがサンフンシスコのシェルターでは、匹も殺さないんですって!」「ふ-ん」 がっかりした。獣医師という、動物のもっとも近くにいる職業に就いているからといって、このテーマに興味があるとは限らない。これは小さくない驚きだ。二人目の女性の獣医師は、前向きだった。「私もアメリカに行って、病院や施設を見たいとずっと思ってるんだけど、時間がなくって。帰ってきたら、あちらの様子を報告してね」そしてこれから試すつもりだという、眼科の新しい治療方法について話してくれた